鼓舞激励(こぶげきれい)

こんにちわ。メルテルです。
サッカーのワールドカップで世界中が盛り上がりましたよね〜!
ってことで「だるまん&すのーまん」も、サッカーなんですよ。
サッカーと言えば、応援がエキサイトするんですが、我が りたうんのサッカーチーム(サムライブルーじゃなくて、色がクルクル変わる「かめれおんず」って名前なんですけど)も、応援団が興奮状態。罵声の嵐。おばーどオバサンは「叱咤鼓舞」のつもり。
そこで、老木の ぐらんぱ爺さん「鼓舞激励しなくちゃ」と諭します(?)。
いまブームのサッカー応援アイテム、ブブゼラではなく、太鼓と踊りで元気づけるのがポイントだそーです。太鼓となったら、カミナリ様の子供の どらまん登場!。踊りは、美しすぎるサポーター(?)登場で、もう大混乱だったり。
やはりこうでなくちゃサッカー応援になりませんよね〜。「かめれおんず」のメンバーは、『千里の道も…』『けりをつける』をご覧になると、よく分かりますよ。(^o^)/
皆さんも、ワールドカップは4年に1度の大興奮&大狂乱でお楽しみでしたか〜〜?

きんたちゃん、すのーまん「ナイスカット!」
ピーターロボット「だるまん!いくぞっ!!」
あくまん「やれやれ やっと得点できるかの〜(このヘタクソどもが〜)」
だるまん「おらよッ」
あくまん「うひょひょ〜 真ん中ガラ空き〜 いけ〜!!!」
えいりやん「だるまん!ちゅーぼー(おうごんのワントップ)へパスでっせ〜」
だるまん「あれッ」
ピーターロボット「やばッ」
あくまん「だァ〜ッ なにやってんの〜 おまえスロー映像か」
えいりやん「なんや またかいな〜 こらあきまへんわ んまにも〜」
相手のFW「GOOOOOAL!」
すのーまん「あちゃ〜」
まんたろー先生「あや〜 また大サービスしちゃったやな〜」
すのーまん「あ〜あ やっと前半終了」
あくまん「地獄だったぜ〜」
ぐらんぱ「若者たち 頑張ったなぁ〜 エラいぞ」
おばーど「まったくも〜 何やってんのよ〜 ダメよ〜 もーおうち帰るの?」
きんたちゃん「(サッカー)ボードゲームチームが今日の相手だからな…」
まんたろー先生「後半は ノビちゃってる選手は 元気で脚の速いのと入れ替えっか」
まとろちゃん「相手の人達 プロみたいね」
おばーど「あんたたち やる気あんの〜 タラタラして〜 汗かいて〜普通かかないでしょ〜 ボーっと立ってるだけで〜 このスコア何よ〜これ〜 ラグビー?」
ぐらんぱ「ラグビーというより 終わる頃はバスケじゃな」
まとろちゃん「あれちょっと言いすぎじゃない?おばーどは」
あくまん「オバン いいたいほーだいムチャクチャいいやがって」
えいりやん「いろいろいーたいけど ヘトヘトで〜」
へちまん「罵詈雑言ってやつだね」
マカくん「罵詈雑言って 考えられる限りの悪口とか ののしりの言葉っすよね コエぇ〜っす」
おばーど「アラちょとっ ワタシ 叱咤鼓舞してるのよ!」
どらまん「マジかよ」
ぐらんぱ「叱咤鼓舞ではなく ただ叱咤のよーじゃが」
そのーまん「ぐらんぱの いつもの長話がはじまった」
ぐらんぱ「とかく近頃は叱咤鼓舞ってのがポピュラーだが 叱咤はいかん 元気がなくなってしまうからなぁ」
えいりやん「叱咤には 大声で叱るという意味があるさかいな〜」
ぐらんぱ「こーゆー時はな 鼓舞激励ってのが善いのじゃよ」
おばーど「だってサッカーって走るスポーツでしょ〜(よくわかんないけど〜)だからボーっとしないでって応援してんじゃないの〜」
ぐらんぱ「鼓舞激励とはな 鼓をたたいて 踊りを 踊って 励まし元気づけることじゃ そも“鼓舞”ってのは 中国の楊子法言とゆー思想書に書かれてた言葉でな 鼓をたたき踊ることじゃ そーすると誰でも元気になると 著者の楊雄が言っとる それで 励まして元気づけるって意味になったわけだな」
まんたろー先生「楊子法言ってのは 前漢なのやね〜」
ピーターロボット「そろそろ後半がはじまるよね」
だるまん「すのーまん だいじょうぶ?溶けないか?」
ぐらんぱ「サッカーとゆーとブブゼラとか ラッパが流行のようだが 元気づけるには太鼓が好いのぉ」
まんたろー先生「あや〜ブブゼラはダメか〜」
マカくん「ブブゼラっすよね〜」
どらまん「ぶふぉぶふぉぶふぉ」
こけしーな「るっさいわね〜」
モナリーさん「ワールドカップなみね」
ぐらんぱ「ほれ どらまん君!ラッパなぞ吹いてないで得意の太鼓をガツンとたたかにゃ〜」
おばーど「あら〜」
どらまん「ズダダダダダダっズダズダズダズダっ」
おばーど「それじゃあわたしも チア踊って元気づけたげるわよ はいほれ〜」
すのーまん「うわぁ〜ッ にげろ〜」
てるぼうや「ごめんなさーい」
えいりやん「みたらあかんッ」
モナリーさん「あきれた」
ちゅーぼー「もう再起不能だ」
ピーターロボット「こりゃ強烈なダメージあたえるよ」

おはなしメニューへもどる