げーじゅつだよ

こんにちわ。メルテルです。
だるまんとすのーまんが住んでいる「りたうん」は、「だるまん本舗」の街の一つです。
「公園駅」からトラムに乗って、「センター駅」で降りると、市庁舎のある中心街です。
「りたうん」は森の街で、市庁舎のあるところも公園のような森に囲まれています。
博物館や美術館、ホールなども集まっていて、のんびり文化を楽しめる場所なんですね〜。
今日は、モナリーさんが、芸術の鑑賞の仕方についてお話してますが。。。

今日のダイアログ『げーじゅつだよ』
すのーまん「今日は、だるまんと街に来たんだよ。」
だるまん「ぼくらの「りたうん」だね。ここは市庁舎のあるところで、後ろのが市庁舎だよ。右のほうに見えるのが博物館や美術館や市民ホールなんだ。」「あ、芸術に親しいモナリーさんだ。」
すのーまん「美術館の展覧会ですか〜?それともホールでコンサート聴くの〜?」
モナリーさん「ん〜きょうは展覧会の絵よ。」
すのーまん「展覧会の絵ってムソルグスキーのピアノ曲だね!ってことはホールのコンサート聴くんだね。」
モナリーさん「あら違うわよ。展覧会の絵を観にいくのよ。今、美術館でイタリアルネッサンスの絵画展やってるからね。」
だるまん「イタリア絵画か〜。画集で見たことがあるな。」
モナリーさん「画集もいいけど、芸術作品は本物を見ないと、その絵の良さが解らないよ。実物大の大きさでないとね。君たちも、たまには美術館とか行きなさいね。」
だるまん「確かに…画家が思った大きさで描いてるから、画集のように縮小すると、良さも縮小されるというワケだな。でも、モナリーさんのように余裕がないとなぁ〜。」
すのーまん「音楽かと思ったら、絵画だったのか〜。ややこしいなぁ。」

おはなしメニューへもどる