李下のかんむり

こんにちわ。メルテルです。
ことわざ、四字熟語、慣用句には、実際の生活の中で役に立つ言葉がたくさんありますね。
人生の理想・・・みたいなのも多いですが、私たちがトラブルなく日常を過ごすための「知恵」も多いです。
毎日を明るく楽しく元気に過ごすためのノウハウ、ですね。
このお話では、初登場の”へちまん”が「李下の冠」について解説します。
「李下の冠」というのは、トラブル回避のための心得のナンバーワンかも。
疑われないようにする振舞い方の格言が多いってことは、世の中は疑われることが多いんでしょうかね?
でも、あくまんが言うように、一番たいせつなのは、人をすぐに疑わない心なんだと思いますよ。

今日のダイアログ『李下のかんむり』
だるまん「李下の冠っていうのは、どういう意味なんだろ?」
へちまん「え〜、キミたち。”冠”というのは、今のの帽子みたいなものだよ。」
すのーまん「”李”っていうのは、スモモのことだね。」
へちまん「それではと・・・あそこのスモモの木の下で、この帽子をかぶってごらん。」
すのーまん「オジサン誰なの?」
へちまん「スモモを盗んでいるように見えるだろ?”李下に冠を整さず”と言って、実のなっている木の下で帽子をかぶり直すのは、怪しまれるからやめよう、疑われそうなことは、しないように。ということだよ。」
あくまん「ふむ、ふむ、ふむっ。人を見たらドロボーと思えってか〜。やたら疑うってのは、心根の問題だよね〜」
だるまん「今度は心根か・・・」
すのーまん「一つ落ちてきたよ〜」

おはなしメニューへもどる