ななころび(七転び)

こんにちわ。メルテルです。
今日は、だるまんのお話です。
彼は、達磨の末裔らしいのです。達磨は、日本で人気者ですが、起き上がりこぶしが普及に一役買ったともいわれています。
彼は、何回転んでも諦めないで元気よく起き上がります、七転び八起きが得意なのですね。
人生は、失敗しても、どん底にたたき込まれても、一息ついてからマイペースで起き上がることが大切です。
そしてまた、彼は走るのが速いのです。足腰を鍛えましょう!
フットワークのよさって、元気の素になります。
近頃、諦めないで、かっこ悪く地道に這いずりあがるのはダサいという考えも増えてますけれどね。

今日のダイアログ『ななころび(七転び)』
だるまん「おととっ コロっ あわっ ふぃ〜〜」
あくまん「さすが だるまん 七転び八起きが 得意なんだね〜 みかけによらず けっこう速いのね〜」
だるまん「走ってただけだよ」
すのーまん「七転び八起き っていうのは 何回ころんでも くじけないで立ち上がることで 人生はそういうもんだ という意味だねっ」
あくまん「何回も失敗して それでもあきらめるな ってことなのね 人生は なかなかうまくいかないもんね〜 でも あきらめるほうが 楽なのよね〜」
だるまん「あきらめないで かっこわるくても どこまでもしつこく起き上がるのが たいせつなことだぜぃ」
あくまん「またぁ このっ このっ」
すのーまん「・・・・・」

おはなしメニューへもどる