しゅのうはんたい(酒嚢飯袋)

こんにちわ。メルテルです。
「だるまん&すのーまん」は、ニュータイプのマンガです。
また、言葉をテーマにしたお話が中心になっています。
「しゅのうはんたい(酒嚢飯袋)」は、普段あまり使われることのない四文字言葉です。
あなたのまわりに、必ずいる大人のことを表わしていますが、呑んだり食べたりは悪いことではありませんね。
一生懸命働くのも良いですが、緊張から解放されて、リラックスした楽しいひと時を過ごすのは、大切なことですもの。

今日のダイアログ『しゅのうはんたい(酒嚢飯袋)』
すのーまん「酒嚢飯袋(しゅのうはんたい)という言葉があるの知ってる?」
だるまん「難しそうな言葉だな。」
すのーまん「酒嚢(しゅのう)というのは、昔、お酒を入れてた皮袋のことで、飯袋(はんたい)というのは、ご飯を入れる器のことなんだよね。」
だるまん「もう、むちゃくちゃ難しい言葉だなぁ。それで、どういう意味なの?」
すのーまん「お酒とご飯がないと我慢ができない人のことを表す言葉なんだね。働かないで、呑んで食べるだけの人って意味だよ。」
ごーまん「あんだと〜〜!呑もうと食おうと、俺の勝手じゃねーか!」
だるまん「勤勉に働かなくてはダメだということを、戒める言葉なのだな・・・。呑んで食べてるだけでも、良いって感じもするけどなぁ。」
すのーまん「他にも、無芸大食(むげいたいしょく)、なーんて同じ意味の言葉があるね。」
あくまん「首脳反対ってか?」
だるまん「違うだろ〜!」

おはなしメニューへもどる